忍者ブログ
安曇野に住む、矢村の日々の出来事や思い、趣味のFXなど・・・




[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




お彼岸ということで、お墓参りに行ってきました。


一番下の弟が亡くなってから4年、


父が亡くなってから2年半、早いものです。


今日は家族皆、元気に幸せに過ごしている事を報告してきました。


お墓の掃除は子供たちもやってくれたので、きっと父と弟も喜んでくれていると思います。





WBC、王ジャパン、優勝しましたねー!!!


普段、野球やサッカーは、ほとんど見ませんが、


僕の場合、国旗が絡むとかなり気合が入ります(笑)


今日は日本人として、なんとなく誇らしい気分になりました。


僕が子供の頃は、なんとなくアメリカには勝てないという劣等感がありました。


アメリカは世界一の軍事大国で強くて、豊かで、スペースシャトルも飛ばせるし、映画でも音楽でも格好よくて、オリンピックでもメダルとりまくるし、とにかくスゲーって感じだったかな。


ベーブルースやルー・ゲーリックの本を当時、読んだせいもあるけど、野球も僕の中では、最終的にはアメリカのもんだったんだよね。


だから最初、野茂が大リーグで活躍した時は、本当に驚いたし、誇らしかった。


それが、今回、その野球で日本が世界一だもんね。


感動ひとしおだ!!!


新しい時代の幕開けだーーー\(^o^)/


確かに現在もアメリカは軍事的にも経済的にも超大国であり、世界を牽引していることは間違いないと思うけど、強大な軍事力を維持して、国も個人も借金まみれ。


財政収支と経常収支の双子の赤字にアップアップしている。


そういえばアメリカにはホームエクイテイなんていう、金を借りるシステムがあるらしい。


例えば10万ドルの住宅ローンがあっても住宅価格が20万ドルなら、10万ドルの金が借りれるというものらしい。


仮に住宅価格が高騰して、30万ドルになれば、さらに10万ドル借りれるという事のようだ。


実際にアメリカ人は、このシステムによって、消費をし、カードの返済まで行っているという噂だ。


つまり、住宅価格の高騰が個人消費を支えているという構造だ。


経済の専門家じゃないから、詳しくは分からないけど、これってバブルだよねー?


いずれ、破錠するシステムのような気がするんだけど・・・





子供の頃、僕の中で憧れだったアメリカは、


今、急速に僕の中で輝きを失いつつあるような気がします。


今回、WBCで日本に主役の座を引き渡したように、


いずれ、アメリカは新たなシステムに主役の座を引き渡すんだろうなー!


なんて、とりとめもなく考えた一日でした。


とは言っても、まだまだアメリカは強いけどね。


-----------------------------------------------


今日のドル円相場ですが、116円後半まで、押し上げられましたが、22:30の米経済指標発表前から、調整がはいり、現在は116円半ばです。


いずれにしても昨日よりもドル高に動きました。


もしかしたら、もう一度くらい円高方向に動くかもしれませんが、雰囲気的にドル買い圧力が高まってきているように感じられます。


今回の僕の興味は115~119のレンジ相場を上抜けできるかどうかです。


今年に入って2回、119円で叩き落されていますが、韓国戦も3回目で快勝したので、こちらも3度目のトライで上抜けしてくれるんじゃないかと思っています(笑)


いずれにしてもまだ、底抜けできるかどうかといった段階なので、暫く放置プレイは続きそうです。


PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
外国為替
FXDD 口座開設

IFCMarkets 口座開設

アフィリス パートナー募集
Blogランキング
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
矢村 やすけ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
田舎でノンビリ楽しく家族と暮らしています。FXはゼロから、いろいろと勉強しながら挑戦しています。利益が上がる事はもちろん嬉しいですが、様々な事を学べるのも楽しいです。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アクセス解析
忍者ブログ [PR]