忍者ブログ
安曇野に住む、矢村の日々の出来事や思い、趣味のFXなど・・・




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



僕が住んでいる地域には、三菱東京UFJ銀行が無いのですが、取引先の一つが入金口座を三菱東京UFJ銀行を指定しているので、まことに不本意ながら、口座を所持しています。いつも取引先より入金があると、105円の手数料を払って、最寄の郵便局でお金を引き出すことになります。

今日もいつものように郵便局のATMで、本日の入金分の40万円を引き出そうとしました。するとATMの画面に31万円しか引き出せない旨の警告が出てきました。「あれ~、まだ入金されてないのかな?」と、残高確認をすると確かに入金されています。「ゆうちょ銀行の場合、一回にATMから引き出せる上限は確か50万円だったよなー、他行からの引き出しの上限の制限が変わったのかなー?、それにしても31万って、どういう半端な数字なんだよ!」などと思いつつ、仕方なく31万円を引き出しました。そしてもう一回カードを入れて残りの9万円を引き出そうとすると、今度は引き出せない旨のメッセージが表示されます。「一日に31万円までしか引き出せないのか?俺の金だぞ!」と、少し頭に来ながらも、お客さんとのアポイントの時間がせまっていたので、仕方なく31万円だけ下ろして、そのまま郵便局の窓口へ、国保、年金、市民税の支払いに行きました。

窓口で対応してくれた郵便局のお兄さんに「40万円引き出したかったのに、31万円しか引き出せなかったんだけど、なんか最近、制限でもかけてるんですか?」と、聞くと、別のお客さんの対応をしていた局長さんらしき人が突然、

「申し訳ございません。今日は年金やらの引き出しが多くて、ATMに入っているお金が無くなってしまったんだと思います。なにせ田舎の小さな郵便局なもので、大してお金が入ってないんですよ。」との事。

そして、僕の見てる前で金庫から300万円を取り出して、ATMに入れ始めました。「ここのATMって、ひょっとして普段から、マックスで300万円しか入ってないのかなー?」などと思いながら残りの9万円を引き出しました。お陰で、引き出しの手数料105円を1回余分に払う事になってしまいました。ちょっと納得がいかず局長さんに少し文句を言いましたが、食い下がるほどの時間的余裕もなく、郵便局をあとにしました。こういう場合も手数料は保証してくれないのかなー?、どうなんだろう?

滅多に見る事のできないATMの画面を見れたわけだし、まっ、いっか!
それにしてもATMの中にお金がなくて引き出せないなんてビックリ体験でした。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ドル円、少し上がってきましたねー。僕は88円台と89円台でドル買いしたので、このまま上昇してくれると嬉しいですが、まだ週足は完全な下降ですし、日足もまだ下降から復活しきれていません。ただ個人的には月足で見た場合、ダブルボトムをつけて反転の展開を期待しています。上昇に転じるにしても、まだまだ上下動がありそうです。でもさすがに90円割れの状態は日本の企業的にもやばいだろうし、ほどよく上がって欲しいものです。ただ、個人的には今後、逆に極端な円安が起きるんじゃないかと少し心配です。あくまでも希望はほどほどに上昇してくれる展開です。(笑)
PR


最近、橘玲さんの「貧乏はお金持ち」という本を読みました。僕個人は橘さんの独特の書き出しが好きです。今回も「まえがき」にやられて、ついつい買ってしまいました。(笑)
この本のテーマは個人事業主が法人化して、税金や融資において最大限のメリットを引き出すということだと思いますが、個人的にはノウハウ的な部分ではなく、会社の仕組みだとか、融資の事などが、「へぇ~、そうなってんだー。」と、いろいろ勉強になりました。

例えば、僕は仕事で、あちこちの社長さんの名刺を頂きますが、肩書きが「代表取締役社長」だったり「代表取締役」だったり、ただの「社長」だったりします。アメリカの会社だと、CEOなんて、よく聞きますが、今まで深く考えた事もなかったですが、それでも「違いは何だ?」と漠然と思っていたので、「そういうことなのか!」と分かって面白かったです。また、漠然と僕が持っていた疑問に「社債」があります。そりゃ僕だって、社債が会社の借用書であり、資金調達を行うために発行することくらいは分かります。でも、株式を発行して、さらに社債を発行する意味合いが、しっくりきてなかったんですが、これも、「なるほど!」とすっきりしました。こういった事は会社を経営している人にとっては当たり前の事なのかもしれませんが、僕のような素人にとっては「へぇ~。」の連続で、とても楽しかったです。

この本の中には、奇抜な設定としながらも、フリーターが、本社は六本木、資本金5,000万円、社員100名、売り上げ100億円の会社をつくる事が、その気になれば現実に可能だと書かれています。もちろん、制度的に可能でも、この会社はリアルマネーを生み出すわけではないので、本当に実行する人はいないんでしょうけど、それでも、実際の会社は、この本に書かれているような制度を色んな局面で利用しているんだろうなー、と、会社というものが少し分かったような気分になれて楽しかったです。

僕自身は、勉強になったし、楽しかったので、個人的にはおすすめの本かな!!
 



外国為替
FXDD 口座開設

IFCMarkets 口座開設

アフィリス パートナー募集
Blogランキング
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
矢村 やすけ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
田舎でノンビリ楽しく家族と暮らしています。FXはゼロから、いろいろと勉強しながら挑戦しています。利益が上がる事はもちろん嬉しいですが、様々な事を学べるのも楽しいです。
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アクセス解析
忍者ブログ [PR]